fc2ブログ

オトコエシ(男郎花)

オトコエシ1



オトコエシ3



オトコエシ4


オトコエシ(男郎花)
栽培種

分類 : オミナエシ科オミナエシ属  多年草
学名 : Patrinia villasa
分布 : 日本全土 
  丘陵地、山地の林縁や山道などの日当たりのいい場所などに生える。
特徴 : 根元から長く這う枝を出して新しい株を殖やしていく。
  草丈80~100cm。葉は卵形か羽状に切れ込み、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
  茎の先に小さな花がかたまって付く。小花の大きさは4mmほど。
  オミナエシによく似ていますが
  茎は太く、葉が大きく、草全体に毛が密生し、花は白色です。
名前の由来 : オミナエシ(女郎花)より多毛で剛健なことから。

メモ=オミナエシはご近所の花壇などで栽培されているのを毎年見ていますが
  オトコエシの実物は今までお目にかかったことがありませんでした。
  先日知り合いのお宅に伺ったところ
  庭にひょろりと立ち上がった茎の先に
  白い花が咲いているのを見つけ写してきたのがオトコエシでした。
  主(あるじ)に聞いたところ、植えた覚えがないということで
  草花の苗に種が紛れ込んでいたのかもしれません。


スポンサーサイト



テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

お返事

AzTak さんへ
オミナエシはご近所の庭や花壇などで栽培されていますが
オトコエシは近くの山公園でも見かけることがなく
今回初めて撮ることができ、二つの花を見比べられるようになりました。

「男郎花」は「女郎花」に対しての当て字らしく
「男郎」で辞典を調べても出てきませんでした。

No title

確かに↓の女郎花と比較すると骨太といった感じですね。野郎花じゃなくてよかった。当然のごとく見たことがありませんでした。
プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード