fc2ブログ

コガネグモ(黄金蜘蛛)


コガネグモ1



コガネグモ2



コガネグモ5



コガネグモ3


コガネグモ(黄金蜘蛛)

分類 : 節足動物  クモ目コガネグモ科
体長 : メスは20~25mm  オスは小さくて目立たず5~6mm
分布 : 北海道を除く日本全土の林の周辺、草はら、水田周辺、人家の庭など
特徴 : メスは腹部の背面に黒褐色の地に3条の黄色帯があり
  黒褐色部には小さな青白い斑点がある。
  本体は円形に近い網を張った中心部にいて、昆虫類が網にかかるのを待ちます。
  網の中心部にはX字状の隠れ帯という白いジグザグ模様をつける。
  個体によっては四方ではなく、2~3か所に省略されることもあります。
  ジョロウグモ(女郎蜘蛛)と呼ばれることもありますが
  学術上のジョロウグモはジョロウグモ科に分類されている別のクモです。

メモ=昭和30~40年代頃までは都市近郊の庭先でも普通に見られ
  子供の頃はこのクモ同士を戦わせる遊びをしていましたが
  最近では人家周辺で見かける数がめっきり減りました。
  仲間には、体が細長いナガコガネグモなどがいます。
 ・クモも昆虫も節足動物の一種で、虫と間違われることがありますが
  クモの体は頭胸部と腹部に分かれ、足は8本です。
  昆虫は頭部、胸部、腹部に分かれていて、足は6本です。


スポンサーサイト



テーマ : 生き物の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

お返事

kasaburannkatei さんへ
クモは人を刺したり噛み付いたりしませんので
クモの巣のうっとうしさに悩むことはあっても
積極的に殺虫剤などで退治はしませんね(^^)
クモの巣を竹に巻きつけ、蝉やトンボを捕まえていたのは
古き時代の思い出です♪

No title

おはようございます(^.^)
わが家はコガネグモを先頭に沢山の蜘蛛の巣が張り巡らされている状態・・・
ボ~と庭を歩いていると顔や頭など蜘蛛の巣攻撃です(笑)
柄の長いホウキで取り除いてますが、一週間も経たないうちにまた^^;

子供の頃は、竹の先端を割り広げ、沢山の蜘蛛の巣をつけて
蝉やトンボなどよくつかまえたものです♪
男の子がクモ同士を戦わせる遊びは、さすがに側で恐々と見学程度でしたね^m^
プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード