fc2ブログ

アヤメ(菖蒲)

アヤメp1




アヤメ3





アヤメ2




アヤメ4


アヤメ(菖蒲  文目)
栽培種

分類 : アヤメ科アヤメ属  多年草
学名 : Iris sanguinea
分布 : 北海道~四国・九州
  日当たりのよい山地の草原などに生える
特徴 : 生育地の幅が広く、林縁部から林下の半日陰、湿地などにも生える。
  葉は長剣形(長さ40~60cm、幅1cm)で直立する。
  葉の間から花茎を伸ばし、大きさ7~8cmほどの花が2~3個次々に咲く。
 外側の大きい花弁(=外花被片)の基部から中央部にかけて
  網目(=虎斑)状の模様があるが特徴。
  この模様は昆虫を誘う蜜標ともいわれます。
  また、外花被片には濃い紫色の細い線が入っています。
名前の由来 : 外側の大きな花弁の基部に網目模様があることから
  網目がアヤメ(文目)になったといわれています。

メモ=江戸時代までは、葉や根に芳香があり、菖蒲湯(しょうぶゆ)などに使われる
  ショウブ(菖蒲)をアヤメと読んでいたそうです。
  (こちらはアヤメの仲間ではなくサトイモ科の植物で、花は地味で目立ちません)
  それが今に受け継がれていて、アヤメを漢字変換すると「菖蒲」と出てきます。



スポンサーサイト



テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

お返事

kasabukankatei さんへ
今年はイノシシの害に遭われずに、花たちも沢山咲いてくれたようですね(^・^)
花を写していると、ハチたちが盛んにこの模様を目かけて飛んできていました。
ハチも一緒に写したかったのですが、いい写真が撮れませんでした。

◎さんへ
今はアヤメ仲間のダッチアイリスやジャーマンアイリスも花盛りですよね。
こちらの園芸種は花色がいくつもあって、見ていて楽しいですよね。
今はちゃんと写真もアップできていますよ。
今度また同じようなトラブルが起きましたらお知らせしますね。

よしみ70さんへ
「いずれアヤメかカキツバタ」とあるように
アヤメとカキツバタの見分けが難しいです。
アヤメはよそ様の庭などでいつも見かけていましたが
カキツバタは数年来見つけていて、今年やっと探し当て
今日投稿しましたので、そちらを参考にして下さると助かります(^^)

No title

こんばんは(^.^)
今年もまたわが家ではたくさんのアヤメが咲いてくれ
活けて楽しんだりしております♪
網目状の模様が昆虫を誘う蜜漂ともいわれているなんて
いつもたくさんの情報提供、ありがとうございます(*^_^*)

No title

直立不動で、色鮮やかなあやめが群生していると
きれいですね。
日本古来のあやめという感じで、またアイリスとは違った
よさがありますね。
いい写真有難うございます。
私の写真もあれから、何とか写っているのでしょうか?

No title

鮮やかな色の あやめですね♪
とってもステキですね~

(あやめ)(かきつばた)どれも良く似ていて
見分け方が良く分かりません!(x_x;)
かきつばた、ハナショウブは水中や湿った所に育つと
書いてありましたが!
プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード