fc2ブログ

ミカドトックリバチ(帝徳利蜂)



トックリハチ23-1z


トックリハチ23-2z


トックリハチ23-3z


トックリハチ23-4z


ミカドトックリバチ(帝徳利蜂)
トックリバチ(徳利蜂)

分類 : ハチ(膜翅)目ドロバチ(スズメバチ)科
体長 : 10~15mm
分布 : 北海道~四国・九州
 平地から山地まで広く分布します。
特徴 : やや光沢のある黒い体に
 前胸部背面に三日月形の黄色い斑紋と
 後胸部背面に1対の斑紋の他
 腹部第1節、第2節に黄色の帯状の模様があり
 全体に褐色の微毛が密生しています。
 腹部の基部(第1腹節)は細長く、第2腹節は卵形をしています。
 草木の枝や木の壁などに泥で壺状の巣を作ります。
 巣の中には、狩って麻痺させたシャクトリガ類の幼虫が数匹入っていて
 孵化した幼虫はそれを食べて成虫になります。
 壺(巣)の大きさには大小があり
 大きいものはメス(雌)の巣で、食物が多く入っていて
 小さいものはオス(雄)の巣で、食物の数は少ないそうです。

名前の由来 : 徳利のような壺状の巣を作ることから。
 「帝(みかど)」の由来については分かりませんでした。
 (学名が Eumenes micado とあり、学名に由来するのではと思ったりもします)

メモ=近似種にスズバチ(鈴蜂)がいますが、体長は20~30mmと大きく
 斑紋の色はオレンジ色をしています。
 他の近似種には、キアシトックリバチ、キボシトックリバチなどや
 同じドロバチ科にはミカドドロバチ(帝泥蜂)というのもいました。
 こちらの体長は7~14mmと一回り小さく、腹部のくびれはずん胴でした。



データなどは2016年11月投稿記事に加筆修正しました。


スポンサーサイト



テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

お返事

fukuchanさんへ
私はコンパクトデジカメラを使っていますが
接写もできる機能がありますので
ハチの動きを追いながらやっとこういう画像が撮れました。
あとは適当に画像処理をしています。
おほめのコメントを頂き、恐縮です。

No title

ケイトウにミカドトックリ蜂が来ているのですね。
スマホでなかなかこういう写真は撮れません。
ナイスショットです。
1円スマホですが、すぐ映像がぶれます。
プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード