fc2ブログ

カンツバキ(寒椿)



カンツバキ23-1z


カンツバキ23-2z


カンツバキ23-3z


カンツバキ23-4z


カンツバキ23-5z


カンツバキ(寒椿)
シシガシラ(獅子頭) 
ハイカンツバキ(這い寒椿)

分類 : ツバキ科ツバキ属  常緑低木
学名 : Camellia sasanqua cv.Fujikoana
    Cameliia×hiemalis ' shishigashira'
    Camellia hiemalis Nakai

原産地 : 不明
特徴 : サザンカの園芸品種といわれていますが、異説もあるそうです。
 樹形は枝が横に張り、枝葉低い位置から枝分かれし
 樹高はせいぜい1mくらい。
 若い枝や葉柄、葉の裏には毛があります。
 葉は長楕円形の長さ3~6cmで、縁には鋭い小さなぎざぎざ(鋸歯)があり
 表面は光沢があります。
 枝先の葉腋に径5~7cmの八重(獅子咲き 注1)の花を咲かせます。
 花弁は14~18枚で大小があります。
 公害に強いので、車道と歩道の間の植え込みに使われたり
 グランドカバーのように仕立てられたりします。

名前の由来 : 一説によれば、古くは関西で「獅子頭(ししがしら)」と呼ばれていたもので
 1933年頃以降、関東地方で「寒椿(かんつばき)」と呼ばれるようになったそうで
 現在ではこの呼び名が普及しています。
 
メモ=ツバキの名前が付いていますが
 園芸の世界ではサザンカの園芸品種に分類されています。
 一説には、中国原産のカンツバキ(寒椿)と自生のサザンカ(山茶花)との交雑種といわれたり
 サザンカの変種ではないかともいわれ、その来歴は定かではないようです。
 樹高が3~5mになる類似品種があり
 タチカンツバキ=略して「立ちカン」と呼ばれたり、「勘次郎(かんじろう)」と呼ばれたりし
 こちらの品種が庭木や公園樹などとして広く植栽されています。

  

1.「獅子咲き」とは、花の中心部の大小不規則な花弁の中に
 オシベが見え隠れして散在するもの。



2.データなどは2011年12月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト



テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード