fc2ブログ

サルビア・ヤメンシス・イエロー 


ヤメンシス1z


ヤメンシス2z


ヤメンシス3z


ヤメンシス6z


サルビア・ヤメンシス・イエロー

分類 : シソ科アキギリ属   半耐寒性常緑低木
学名 : Salvia × jamensis
原産地 : メキシコ
特徴 : サルビア・ミクロフィラとサルビア・グレッギーの自然交配種で、1991年に発見された品種。
 よく枝分かれし、草丈50cmほど。
 葉は卵形~楕円形をして縁にぎざぎざ(鋸歯)があり、長さ3cm内外。
 花はサルビア・ミクロフィラに似ていて
 茎先から花穂を伸ばし、長さ2~3cmほどの唇形の花を咲かせます。
 花色は品種改良が進み、サーモンイエローやライトサーモンピンク、薄紫などがあるそうです。

名前の由来 : 発見されたメキシコの町ヤメ(jame)に因むと同時に
 発見者のジェームス(James)さんにもかけた名前だそうです。

メモ=類似種のミクロフィラの花色は赤だけ
 グレッギーの花色は赤と白の2色といわれています。
 いずれの品種もチェリーセージの名前で流通していることがあります。




スポンサーサイト



Posted on 2022/06/19 Sun. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ヤグルマギク(矢車菊)  |  ギボウシ(擬宝珠) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △