fc2ブログ

サボテン・エコノプシス交配種 


サボテン22-1z


サボテン22-4z


サボテン22-2z


サボテン22-6z

サボテン(仙人掌)
シャボテン
エキノプシス交配種
花サボテン

分類 :サボテン科  常緑多年草
学名: Cactaceae
原産地 : メキシコを分布の中心として
 アメリカ大陸の亜熱帯から熱帯にかけた乾燥地帯に生育。
特徴 : サボテンとは
 サボテン科に属する植物の総称で、2000種以上あるといわれています。
 葉や茎は刺に変化したしたものと考えられていて
 美しい花は、多数の花弁は重なり合い、外側では小型の萼片に移行してその区別がないそうです。

名前の由来 :サボテンとは、切り口から出る粘液は油汚れをよく落とすことから
 サボン又はシャボン(石鹸)が転訛したものという説があります。

メモ=アメリカ大陸原種のサボテンがヨーロッパ大陸に渡ったのは
 コロンブスの第二次探検隊によって持ち帰ったものだそうです。
 今では花の構造や咲く位置、刺の種類や位置などのいろいろな条件によって分類され
 3000種ほどあるといわれています。

●当該画像のサボテンは、エキノプシス属とロビビア属との属間交配種だそうで
 エキノプシス交配種とか花サボテンと呼ばれるものだそうです。
 「エキノプシス交配種」で検索すると、色とりどりの花たちを見ることができます。
 開花は2日ほどで、3日目には萎(しお)れてしまいます。



データは2019年6月投稿記事に加筆修正しました。

スポンサーサイト



Posted on 2022/06/06 Mon. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« カモガヤ(鴨茅)  |  トリテレイア・ラクサ »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △