fc2ブログ

トホシオサゾウムシ(十星長象虫) 


トホシゾウムシ1z


トホシゾウムシ2z


トホシゾウムシ3z


トホシゾウムシ5z


トホシゾウムシ6z


トホシオサゾウムシ(十星長象虫)

分類 : 甲虫(鞘翅)目オサゾウムシ科
体長 : 6~8mm
分布 : 本州~四国・九州
 平地~山地まで広く分布
特徴 : 体色は濃赤で
 前胸背の中央部と上翅に黒色の10紋があり
 上翅中央の2紋と後方側面の2紋が目立ちます。
 斑紋には個体差があるそうで
 この画像で10紋を見つけることはできませんでした。
 ツユクサの茎に口吻を突き刺して穴をあけ、卵を産むそうです。

名前の由来 : 上翅にある10個の斑紋を十星になぞらえたゾウムシということで。
 オサ(長)の由来は分かりませんでした。


スポンサーサイト



Posted on 2022/05/28 Sat. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« チリアヤメ(智利菖蒲)  |  カイツブリの抱卵 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △