fc2ブログ

ショウジョウトンボ(猩々蜻蛉) 


ショウジョウトンボ22-1z


ショウジョウトンボ22-2z


ショウジョウトンボ22-5z


ショウジョウトンボ22-4z


ショウジョウトンボ22-3z


ショウジョウトンボ(猩々蜻蛉)

分類 : トンボ目トンボ科
体長 : 45~55mm  後翅長 : 35mm内外
分布 : 北海道南端の一部~九州~屋久島
  平地の池、沼、水田、湿地など広範囲に生息。
特徴 : 4月~11月頃まで見られます。
 羽化して間もなくは薄い黄色をしていますが
 オスは成熟すると肢も含め全身真っ赤になり
 メスは橙色になります。
 翅は透明ですがオスの基部は赤色で、メスは橙色です。
 オスは水辺の植物などに止まり、縄張りを形成します。

名前の由来 : 中国の伝説にある空想上の動物「猩々」に見立て
 全身が赤いことから。
  
メモ=「アカトンボ」とは、昆虫学の世界ではアカネ属に分類される
 ナツアカネ、アキアカネ、マユタテアカネ、リスアカネなどで
 ショウジョウトンボは全身が真っ赤でも「アカトンボ」の仲間ではないそうです。

〇猩々とは、「顔は人間、声は小児に似ており
 髪は赤くて長く、酒を好む猿のような獣」だそうです。
 ショウジョウと名のつく生物にはショウジョウトキ(猩々朱鷺)
 ショウジョウバエ(猩々蝿)
 ショショウバカマ(猩々袴)、ショウジョウソウ(猩々草)などがあります。


データなどは2013年7月投稿記事に加筆修正しました。

スポンサーサイト



Posted on 2022/05/25 Wed. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« キョウオウ(姜黄)  |  シノグロッサム »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △