fc2ブログ

アリドオシ(蟻通し) 


アリドオシ22-1z


アリドオシ22-2z


アリドオシ22-3z


アリドオシ22-4z


アリドオシ22-f1z
赤い果実がまだ枝に残っていました。

アリドオシ
(蟻通し)
一両(いちりょう)

栽培種

分類 : アカネ科アリドオシ属  常緑小低木
学名 : Damnacanthus indicus
分布 : 本州(関東地方以西)~沖縄 
 低山地のやや乾いた常緑樹林内に生える。
特徴 : 樹高20~60cmで、細い枝を分けます。
 節ごとに2本の鋭い刺針と2枚の葉を対につけます。
 刺の長さは1~2cm。
 葉は長さ1~2.5cmほどの円~卵形で、先は尖り
 葉質は厚みがあり、表面に光沢があります。
 葉の付け根に長さ1.5cmほどの筒形の花を咲かせます。
 果実は直径5~6mmの球形で、冬に赤く熟れます。

名前の由来 : 枝の鋭いトゲが蟻をも通すという意味から。 
 また、果実が翌春まで残るので「在り通し」という説もあります。
 別名のイチリョウ(一両)は、「千両、万両、在り通し」という縁起担ぎから。

メモ=園芸の世界では「千両、万両、在り通し(=一両)」といい
 年中お金に困らないようにと、3種を庭に植えたり
 千両、万両と共に縁起物として正月飾りに使われたりすそうです。
 因みに、一両はこのアリドオシ。
 十両はヤブコウジ科のヤブコウジ(薮柑子)。
 百両は同じくヤブコウジ科のカラタチバナ(唐橘)。
 千両はセンリョウ科のセンリョウ。
 万両はヤブコウジ科のマンリョウ。
 億両はミカン科のツルシキミ(蔓樒)となっています。


データなどは2016年7月投稿記事に加筆修正しました。

スポンサーサイト



Posted on 2022/05/17 Tue. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ガンゼキラン(岩石蘭)  |  クロセセリ(黒挵蝶) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △