fc2ブログ

シラン(紫蘭)3種 


シラン22-2z


シラン22-3z
↑ 2葉はシラン(紫蘭)


シランw22-2z


シランw22-3z
↑ 2葉はシロバナシラン


クチベニシラン1z


クチベニシラん2z
↑ 2葉はクチベニシラン


シラン(紫蘭)
シロバナシラン(白花紫蘭)
クチベニシラン(口紅紫蘭)

栽培種

分類 : ラン科シラン属  多年草
学名 : Bletilla striata
 シロバナ種 Bletilla stria var.alba(Bletilla striata f.gebina)
 クチベニシラン  Bletilla striata 'Kutibeni'
分布 : 本州(関東地方以西)~沖縄
 湿り気のある川岸、湿地、岩の上などに生える。
特徴 : 地下には扁平なバルブ(偽球茎)というものが連なり
 それから茎が立ち上がります。
 葉は先が尖った長めの卵形で長さ15~30cm、幅1~5cm。
 茎の中央部から細長い花茎を30~60cm伸ばし
 その先端に紅紫色の花を5個前後咲かせます。
 花の大きさは4cmほどで花弁は6枚。
 その内の唇弁といわれるものは3裂し、中央部の内側は波状。
●白花種はシランの変種。
●クチベニシランは唇弁の先だけが紅紫色をしている園芸品種。
 シランより草丈が低く、花もやや小ぶり。

名前の由来 : 花の色から紫蘭(しらん)と名付けられました。
 花の色は紅紫、白の他に黄、青などもあるようです。

メモ=花が美しく、性質も丈夫なため、庭などで栽培されています。
 しかし、野生種を見つけるのは難しくなっているそうで、準絶滅危惧種(NT)に指定。



※データなどは2018年5月投稿記事に加筆修正しました。


スポンサーサイト



Posted on 2022/05/12 Thu. 10:00 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« カンガルーポー  |  ハゴロモジャスミン(羽衣素馨) »

コメント

お返事

なっつばーさんへ
コメントをいただき有り難うございます。
白花種とクチベニシランは散歩の途中で見かけました。
クチベニシランは草丈が低く、周囲の草花たちに囲まれていたので
写すのにちょっと苦労しました。

トッコス爺 #- | URL | 2022/05/13 14:43 * edit *

我が家にもシランがありますが紫だけです。
クチベニシラン、素敵ですね。
淡い色合いがなんとも言えないです~。

なっつばー #- | URL | 2022/05/12 13:35 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △