fc2ブログ

ハゴロモジャスミン(羽衣素馨) 


ハゴロモジャス22-1z


ハゴロモジャス22-5z


ハゴロモジャス22-2z


ハゴロモジャス22-3z


ハゴロモジャス22-4z


ハゴロモジャスミン(羽衣素馨)

分類 : モクセイ科ソケイ属  常緑つる性低木
学名 : Jasminum polyanthum
原産地 : 中国南部
特徴 : つる性で上方に1~3mに伸びます。
 葉は奇数羽状複葉の5~7枚で
 小葉は2~4cmの楕円形で先が尖ります。
 茎の先端から花茎を伸ばし、多数の花をまとめて咲かせます。
 花は細い筒状をした長さ1.5~2.5cmで
 蕾(つぼみ)のときは外側が淡いピンク色をしていて
 筒部の先端が平開すると白色の花が木全体を覆います。
 花には強い芳香があります。

名前の由来 : 白い花の姿を羽衣にたとえて。
 ジャスミンとは、ペルシア語の「神からの贈り物」が語源となっています。

メモ=香水の原料を採るジャスミンはこの花の仲間のソケイ(素馨)といわれるもので
 別名をオオバナソケイ(大花素馨)というそうです。
 ・「ジャスミン」と名のつく花には
 ハゴロモジャスミン(モクセイ科)の他に
 アラビアンジャスミン=マツリカ(モクセイ科)
 カロライナジャスミン(ゲルセミウム科)
 マダカスカルジャスミン(ガガイモ科)があります。



データは2019年5月投稿記事に加筆修正しました。

スポンサーサイト



Posted on 2022/05/11 Wed. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« シラン(紫蘭)3種  |  ノヂシャ(野萵苣) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △