fc2ブログ

ジュウニノマキ(十二の巻) 


12ノマキ22-1z


12ノマキ22-3z


12ノマキ22-2z


12ノマキ22-4z


12ノマキ22-6z

ジュウニノマキ(十二の巻)
ハウォルチア・ファスキアタ(学名読み)
ハオルチオプシス・ファスキアタ
(学名読み)

分類 : ツルボラン(ユリ、ススキノキ)科ハウォルチア属  常緑多肉性多年草
学名 : Haworthia fasciata(Haworthiopsis fasciata)
原産地 : 南アフリカ・ケープ地方
特徴 : 草丈10~15cm。
 葉は扁平な三角錐形をした長さ3~6cm。
 葉の裏側に当たる方に白い横縞が盛り上がるように入ります。
 多肉性植物ですが、観葉植物として扱われることもあります。
 春から夏にかけて細い花茎を30~70cmに長く伸ばし
 白地の花弁に淡褐色の条が入った径1~1.5cmの花が2~3輪ずつ咲き進みます。

名前の由来 : 和名については分かりませんでした。
 学名のハウォルチアとは、イギリスの植物学者ハワースさんに因み
 ファスキアタは、「縞模様の」という意。

メモ=ハウォルチアの仲間は約300種あるそうで
 その中に硬葉系と軟葉系とあり、ジュウニノマキは硬葉系の品種だそうです。
・縞模様が黄色に入るのは「十二の光」というそうです。




※データなどは2014年6月投稿記事に加筆修正しました。

スポンサーサイト



Posted on 2022/05/03 Tue. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« フクラスズメ(脹雀蛾)  |  ホウチャクソウ(宝鐸草) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △