fc2ブログ

シロバナマンテマ(白花まんてま) 


シロマンテマ22-1z


シロマンテマ22-2z


シロマンテマ22-4z


シロマンテマ22-5z


シロバナマンテマ(白花まんてま)

分類 : ナデシコ科マンテマ属  1年草~越年草
学名 : Silene gallica var.gallica
原産地 : ヨーロッパ中部~南部
 江戸時代末期に渡来し、荒地や道端などで見られる帰化植物。
特徴 : 根元から枝分かれして上部は立ち上がり、草丈20~50cm。
 草全体に粗(あら)い毛が生えていて
 茎の上部から花序にかけては腺毛があり、触ると粘ります。
 下の葉はヘラ形で先は丸みを帯び、上方の葉の先端はやや尖り、長さ約3cm。
 茎の先に花穂を出し、径1cm前後の白~淡桃色の5弁花を数個咲かせます。

名前の由来 : マンテマについては諸説あり、そのひとつに
 ムギセンノウ属の学名 Agrostemma=アグロステンマが訛ったというもの。
  
メモ=名前は「白花」と付いていますが
 淡桃色をしたものもあり、全てが白色ではないようです。
 この仲間にホザキマンテマ(穂咲きマンテマ)があるそうで
 図鑑によれば、ホザキマンテマは花が一定方向に向いて咲き
 花弁は深く切れ込み、花柱(=メシベ)が強く外に出るとありました。



データなどは2013年5月投稿記事に加筆修正しました。

スポンサーサイト



Posted on 2022/04/29 Fri. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« タイム・ロンギカウリス  |  オドリコソウ(踊子草) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △