fc2ブログ

ヒメウズ(姫烏頭) 


ヒメウズ22-1z


ヒメウズ22-2z


ヒメウズ22-3z


ヒメウズ22-4z
花を上向きにして写しました。淡黄色の花弁が5個あるのがやっとわかる程度です。


ヒメウズ
(姫烏頭)

分類 : キンポウゲ科ヒメウズ属  多年草
  (図鑑によってはオダマキ属)
学名 : Semiaquilegia adoxoides
分布 : 本州(関東以西)~四国・九州
 山麓の草地や土手などから人里の石垣や道端などにまで生える。
特徴 : 地下に芋状の茎(根茎)があり、これから葉や花の茎を出し
 草丈10~30cm。
 根元から出る葉は3出複葉で、小葉は深く裂け、更に浅く裂けます。
 茎の途中に付く葉は、茎を抱きます。
 花茎は上方で枝分かれして
 その先にやや赤味を帯びた長さ5~6mmの花が下向きに咲きます。
 花弁に見える外側は萼片(がくへん)
 花弁は内側の淡黄色をしたもので、筒状に5個あり、長さ2.5mmほど。

名前の由来 : ウズ(烏頭)とはトリカブトの別名で
 根茎が似ていて小さいことから。




データなどは2013年4月投稿記事に加筆修正しました。


スポンサーサイト



Posted on 2022/04/23 Sat. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ダッチアイリス  |  オオジ(ヂ)シバリ(大地縛り) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △