fc2ブログ

ホトケノザ(仏の座)とシロバナホトケノザ(白花仏の座) 


ホトケノザ22-2z


ホトケノザ22-1z


 ホトケノザが群生している少し離れたところで
1株だけひっそりと咲いていたシロバナホトケノザ(白花仏の座)。
Wホトケノザ22-2z


Wホトケノザ22-1z

↓ は ↑ から1週間後の撮影

Wホトケノザ22-4z


ホトケノザ(仏の座)
シロバナホトケノザ(白花仏の座)

サンガイグサ(三階草)

分類 : シソ科オドリコソウ属  越年草
学名 : Lamium amplexicaule
 白花種
 : Lamium amplexicaule f.albiflorum
分布 : 本州~沖縄 (図鑑によっては日本全土)
 畑の畦 空き地、道端などに生える。
特徴 : 茎は細く、下部で枝分かれし、草丈10~30cm。
 下部の葉には長い柄があり
 上部の葉は柄がなく、対になって丸く茎を抱いています。
 葉は縁に鈍いぎざぎざ(鋸歯)があり、長さ幅ともに10~25mm。
 花は茎を抱いた葉の付け根から立ち上がり、輪生して咲きます。
 唇形状の花は細長い17~20mmの筒があり、上部には短毛が生え
 下唇弁の先は2つに裂けています。

名前の由来 : 茎を抱く葉を蓮華座(れんげざ)
 その上から立ち上がる花の姿を仏に見立てて。
 別名のサンガイグサは、葉が3~4つ段々につくことから。

メモ=春の七草の「ほとけのざ」は
 キク科のコオニタビラコ(小鬼田平子)の古名だそうです。
 本種のホトケノザは食用にはなりません.。
 近年コオニタビラコを見つけるのは難しく
 スーパーなどに並ぶ「春の七草」のセットには
 この草が入っていることがあります。


データなどは白花種の学名を加筆した以外は2019年3月投稿記事からの転載です。


スポンサーサイト



Posted on 2022/04/17 Sun. 10:00 [edit]

CM: 4
TB: --

top △

« イロハカエデ(伊呂波楓)  |  シロヤマブキ(白山吹) »

コメント

お返事

なっつばーさんへ
そうでしたか。
ホトケノザの白花種だったら珍しかったのに…。

タツナミソウの白花種は我が家にも生えていて、繁殖力が強いようですね。

トッコス爺 #- | URL | 2022/04/21 14:43 * edit *

間違えました~~。
家にあったのは、きっとタツナミソウの方だと思います。
葉っぱの形が違いました。
スミマセンでした。
でも、ピンクと白はありますよ~。(^▽^;)

なっつばー #- | URL | 2022/04/20 21:56 * edit *

お返事

なっつばー さんへ
桃色の普通種が群生していると見応えがありますよね。

シロバナ種を見つけたのは2年前で、心躍る気持ちで写しました。
翌年同じ場所を探しましたが見当たらず
今年は別の場所で一株だけでしたが見つかりました。
シロバナ種が増えているとは羨ましいです。

トッコス爺 #- | URL | 2022/04/18 14:21 * edit *

我が家にもワチャワチャと出て来ます~。
白花も増えて来て、可愛いので放置です。
草取りしない言い訳ですね~。(笑)

なっつばー #- | URL | 2022/04/17 17:51 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △