fc2ブログ

クロッカス 


クロッカス22-1z


クロッカス22-2z


クロッカス22-4z


クロッカス22-3z


クロッカス
ハナサフラン(花沙芙蘭 又は 花洎夫藍)

分類 : アヤメ科クロッカス属  多年草
学名 : Crocus sp.
原産地 : 地中海沿岸~小アジア
特徴 :この花は春咲き種と秋咲き種に分けられますが
 普通知られているのは春咲き種が多いようです。
 地表から線状の葉が出ると同時に
 球根の中央部から花茎が立ち上がって花を咲かせます。
 草丈10cm内外。
 葉は細い線状で、長さ10cm内外、幅3mmほど。
 葉の中央は凹み、白い筋が入ります。
 花の大きさは4~5cm。

名前の由来 : ギリシア語のクロケ(=糸)が語源で
 糸のような細長いメシベを持つ種があることから。
 ハナサフランとは、秋に咲くサフランに対してついた名前。

メモ=クロッカスとはアヤメ科クロッカス属の総称で
 春咲き品種には
 黄色で早咲き品種の「クリサントゥス種」
 白色の寒咲きクロッカスといわれる「シーベリ種」
 白または紫色で、3月中旬頃に開花する「ベールヌス種」があり
 ベールヌス種からは多くの園芸品種が作られていているそうです。
 本画像には「早咲きクロッカス・ブルーパール」の名札がありましたが
 今頃咲いています。




データなどは2013年2月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト



Posted on 2022/04/11 Mon. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« 2022年・ご近所の桜たち…6  |  プリムラ・マラコイデス »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △