fc2ブログ

オキザリス・プルプレア 


プルプレア22-1z


プルプレア22-2z


プルプレア22-3z


プルプレア22-4z
陽当たりのいい住宅地の斜面で野生化していた花です。


オキザリス・プルプレア
(学名読み)
オキザリス・バリアビリス(学名読み)
フヨウカタバミ(芙蓉酢漿草)

分類 : カタバミ科カタバミ属  多年草
学名 : Oxalis purpurea (=Oxalis.variabilis)
原産地 : 南アフリカ
特徴 :草丈5~15cm。
 葉は3出複葉で、小葉は円形~倒卵形の長さ2~3cm。
 葉柄は5cmほどで、葉の縁には短い毛がまばらに生えています。
 早春から初夏にかけて5~15cmほどの花柄を伸ばし
 径3~4cmの花を咲かせ、5弁花はらせん状に重なり、中心部は黄色です。
 オキザリスの中ではとりわけ美しい花といわれ
 花色は白のほか紅、薄紫、黄などがあり、陽が射している昼間だけ開花します。

名前の由来 : オキザリスとはギリシア語で「酸っぱい」の意で
 葉や根にシュウ酸を含んでいるから。
 プルプレアとは、紫色のこと。
 バリアビリスとは「変化に富む」の意だそうです。
 和名のフヨウカタバミとは、花の姿がフヨウ(芙蓉)に似ていることから。

メモ=明治中期頃に観賞用として入ってきたものが逸出し
 人家周辺の空き地などで野生化したものが見られます。
 プルプレア種の変種で、ワインレッドの葉色(銅葉)をした
 オキザリス・サンラック(パープルドレス)があります。


データなどは2018年2月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト



Posted on 2022/03/08 Tue. 10:00 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« 早春のカイツブリ  |  マガモ(真鴨)♂ »

コメント

お返事

なっつばーさんへ
散歩の途中でこのオキザリスに出合うのは白花が多いので
他の色の花より性質が強いのかもしれません…?

トッコス爺 #- | URL | 2022/03/09 23:10 * edit *

こんばんわ。
白いのが我が家にもあります。
蕾も開花してからも愛らしいお花だと思います。
他の花色もあるのですね。

なっつばー #- | URL | 2022/03/08 22:37 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △