fc2ブログ

シンビジウム・ランセロット’ヤゴト’ 


ランセロット22-1z


ランセロット22-3z


ランセロット22-6z


ランセロット22-5z


シンビジウム・ランセロット ’ヤゴト’(学名読み)

分類 : ラン科シンビジウム(シュンラン)属  常緑多年草
学名 : Cymbidium lancelot cv.Yagoto
原産地 : 東南アジア
特徴 : シンビジウムは東南アジア一帯に自生する地生、着生ランで
 60~70種が分布しているといわれています。
 園芸品種のランセロット’ヤゴト’は、比較的初期の交配種といわれ
 現在の様々な品種の草分け的存在で
 丈夫で咲かせやすい系統の貴重な品種といわれています。
 葉は細長く、偽球茎(バルブ)といわれる茎が肥大して球茎になった基部から
 花茎を40~50cm伸ばし、花径約6cmの花を20個前後付けます。

名前の由来 : シンビジウムとはギリシア語の「舟」と「形」との合成語で
 受け口状に伸びている花弁(唇弁=リップ)の形から。
 品種名のランセロットとヤゴトについてはわかりませんでした。
 但し、「ランセロット」をネットで検索すると
 アーサー王物語等に登場する円卓の騎士の一人ということでした。
 この花との関係は分かりませんでした。



データなどは2020年1月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト



Posted on 2022/02/02 Wed. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« クリスマスローズ・ニゲル  |  タゲリ(田鳬) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △