fc2ブログ

クロヅル(黒鶴)


◉熊本県玉名市横島干拓地にクロヅル(黒鶴)が渡来していると聞き
 昨年の暮れ(入院前)と1月中旬に見に行きました。
 いずれも100mほど離れた遠い所にいて、いい写真は撮れませんでしたが
 日本では稀な鳥ということで投稿することにしました。



クロヅル1z
中央がクロヅルで他はマナヅル


クロヅル3z
右はマナヅルの幼鳥


クロヅル33z
↑ 3葉はマナヅル30羽ほどの群れの中から1羽を見つけるのは大変でした。


クロヅル5z


クロヅル4z
↑ 2葉はマナヅル家族の中にいたので見つけるのは割と楽でした。

クロヅル(黒鶴)

分類 : ツル目ツル科   稀な冬鳥
分布 : 鹿児島県出水市のツル渡来地で毎年数羽が越冬(今季11月現在で8羽)。
生息地 : 水田 畑 湿地など
体長(全長) : 約115cm   ナベヅルよりやや大きい
特徴 : ユーラシア大陸の温帯~亜寒帯で繁殖し、冬に南下するが
 日本にはごく少数しか渡ってこないそうで
 鹿児島県出水市のツル渡来地ではナベヅルやマナヅルの群れと共に越冬するそうです。
 体色はナベヅルに似ているがやや淡く、成鳥の頭頂は赤く裸出し
 前頭頂から顔の全面、喉、頚部(頭と胴体をつないでいる部分)の前側が黒い。
 翼は初列と次列風切が黒く、翼上面のコントラストが目につくということです。

名前の由来 : 全体に黒っぽいので。

メモ=クロヅルが熊本県内で確認されたのは4年ぶりで
 越冬するのは30年くらい前のことだそうです。
 昨年11月には3羽見られたそうですが
 遠征した2度ともマナヅルの群れの中に1羽だけしか見つかりませんでした。




スポンサーサイト



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード