fc2ブログ

ツルバギア・ビオラセア 


ルリフタモジ1z


ルリフタモジ2z


ルリフタモジ3z
↑  3葉は8月下旬撮影


↓  3葉は11月下旬撮影。撮影場所は別です。
ルリフタモジ4z


ルリフタモジ5z


ルリフタモジ6z


ツルバギア・ビオラセ(ケ)(学名読み)
ルリフタモジ(瑠璃二文字)  
ソサエティーガーリック

分類 : ユリ(ネギ又はヒガンバナ)科ツルバギア(ルリフタモジ)属  常緑多年草
学名 : Tulbaghia violacea
原産地 : 南アフリカ
特徴 :ツルバギア属の栽培種で耐寒性、耐暑性が高く、生育旺盛です。
 葉は細長く伸びて長さ40cm、幅は2cmほどで
 茎や葉を傷つけるとニンニクやニラに似た臭いがします。
 地面から長さ30~40cmほどの長い花茎を伸ばし
 その先に筒状の先端は6弁の星型をした花を10数個付けます。
 花筒の長さは2.5cm、花径は2cmほど。
 花期が春から秋までのビオラセア種と(暖地の陽当たりのいい場所では周年)
 11月頃から咲き始めるフラグランス種があります。

名前の由来 : ツルバギアとは
 南アフリカが植民地だった頃の喜望峰のオランダ提督ツルバグ(Tulbagh)さんへの献名。
 ビオラセアとは、すみれ色のこと。

メモ=花壇などで栽培されている品種はビオラセア種が主で
 他にフラグランス種もあります。
 どちらもよく似た花色姿で、ほとんど見分けが付きません。
 違いは副花冠の形が違っています。
 次回はフラグランス種を投稿予定です。




データなどは2012年11月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト



Posted on 2021/12/15 Wed. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ツルバギア・フラグランス  |  庭木などの黄葉…4(終) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △