fc2ブログ

トケイソウ(時計草) 


トケイソウ21-1z


トケイソウ21-2z


トケイソウ21-3z
オシベ5個の内2つはまだ上向きになっていますが
3つのオシベは既に横向きになっていて、やがて下向きになります。


トケイソウ21-4z


トケイソウ(時計草)
パッションフラワー
(英名)

分類 : トケイソウ科トケイソウ属  つる性常緑低木 又は 多年草
学名 : Passiflora caerulea
原産地 : 南米ブラジル~ペルー
特徴 : つる性植物で蔓(つる)の長さは約6mに伸びます。
 葉は5~7裂する掌状で、長さ5~8cm。
 葉の腋から花柄を伸ばし、径10cmほどの花を咲かせます。
 花は他の草花には見られない特異な構造をしていて
 花弁のように見える10個の内、萼片が5個で花被片が5個です。
 放射状に広がる糸状のものは副花冠といわれるものです。
 メシベは暗紫色で3本に分かれ、花の上部にあります。
 オシベは5本で、開花直後の葯(やく=花粉を付けた部分)は上を向いていますが
 その後回転して下向きになります。
 花はほぼ1日で萎みますが、5月頃から8月頃までぽつぽつと咲き続けます。

名前の由来 : 花弁を文字盤、メシベとオシベを時計の針に見立てて。
 英名のパッションフラワーのパッションは『キリスト受難』の意だそうです。

メモ=普通見かける品種はこの写真のようなパッシフローラ・カエルレア(学名読み)ですが
 他にはベニバナトケイソウ(紅花時計草)やホザキトケイソウ(穂咲き時計草)など
 園芸品種が多数あるそうです。
 また、果実を食用にするクダモノトケイソウ(果物時計草)もあり
 パッションフルーツとも呼ばれます。



データなどは2012年7月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト



Posted on 2021/06/11 Fri. 10:00 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« ナンテン(南天)  |  ヒメイワダレソウ(姫岩垂草) »

コメント

お返事

らいとNGC7000さんへ
ご訪問と身に余るコメントを頂き、有り難うございました。

当方、コメントを入れるのが苦手なものですから
どなた様にもスルーの失礼を重ねておりますが
今後ともよろしくお願いいたします。

トッコス爺 #- | URL | 2021/06/12 19:48 * edit *

こんばんは。
トケイソウの花、特徴が出ていますね。
明暗のコントラスト、シャープな像、すばらしいです。
パッションフルーツのパッションも「キリスト受難」の意味なのですね。
勉強になります。ありがとうございます。感謝!

らいとNGC7000 #M6Zor5Gc | URL | 2021/06/11 21:35 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △