fc2ブログ

ハナミョウガ(花茗荷) 


ハナミョウガ21-1z


ハナミョウガ21-2z


ハナミョウガ21-5z


ハナミョウガ21-4z


ハナミョウガ(花茗荷)
植栽

分類 : ショウガ科ハナミョウガ属  常緑多年草
学名 : Alpinia japonica
分布 : 本州(関東地方以西)~四国・九州   
 低山地の林内に生える。
特徴 :草丈40~60cm。
 短い茎から2列に3~4枚の葉を出し
 葉は細長い楕円形で両端が尖り、長さ15~45cm、幅5~9cmです。
 ミョウガやヤブミョウガに似ていますが
 両面に軟毛があり、ビロードのような手触りがあります。
 茎先に10~20cmの花軸を立て、長さ2.5cm前後の花を多数咲かせます。
 花はどことなく洋ランの雰囲気があり、唇弁の紅白縞模様が美しいです。
 晩秋に楕円形をした径1.5cmほどの果実が赤く熟れます。

名前の由来 : きれいな花が咲き、草全体の姿がミョウガに似ているから。

メモ=似た名前でヤブミョウガ(薮茗荷)がありますが
 ヤブミョウガはツユクサ科で、別の仲間です。
 夏に白い小さな花を多数咲かせます。



データなどは2011年6月と2013年5月投稿記事に加筆修正しました。





スポンサーサイト



Posted on 2021/05/18 Tue. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« アンチューサ・レプトフィラ  |  ハタケニラ(畑韮) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △