fc2ブログ

ルリハコベ(瑠璃繁縷) 


ルリハコベ21-1z


ルリハコベ21-2z


ルリハコベ21-3z


ルリハコベ21-5z


ルリハコベ(瑠璃繁縷)
アナガリス(学名読み)
栽培種

分類 : サクラソウ科ルリハコベ(アナガリス)属  1年草 
学名 : Anagallis arvensis
分布 : 本州(伊豆諸島、紀伊半島)、四国、九州、沖縄
 海岸近くの砂利の中や畑、道端などに生える。
特徴 : 草丈10~20cm。
 茎は細かく枝分かれし、斜上しながら横に広がります。
 葉は卵形の長さ1~2.5cm、幅0.5~1.5cm。
 葉の腋から2~3cmの花茎を伸ばし、その先に径1~1.5cmの花を一つ付けます。
 日が陰ると閉じ、照ると再び開花します。

名前の由来 : 葉の様子がハコベの仲間に似ていることから付いた名前ですが
 ハコベはナデシコ科ハコベ属の植物です。
 アナガリスとは、ギリシア語で「再び楽しむ」の意。

メモ=アナガリスの仲間は世界の熱帯、亜熱帯に約50種が分布していて
 繁殖力が強く、多くの国で野生化しているそうです。
 日本で見られるルリハコベは、ユーラシア大陸原産の帰化植物という説もあります。
 また、園芸種として流通している品種も2~3あります。
・写真の花は散歩コースのお宅の庭で写させてもらった花で
 野生種の栽培種なのか、園芸品種なのかは分かりません。
 データは、日本で見られるアルベンシス種で書きました。



データなどは2013年4月投稿記事に加筆修正しました。





スポンサーサイト



Posted on 2021/04/07 Wed. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« お断り  |  アネモネ »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △