fc2ブログ

スナゴケ(砂蘚) 


スナゴケ1z


スナゴケ2z


スナゴケ5z


スナゴケ3z


スナゴケ(砂蘚 又は 砂苔)
エゾスナゴケ(蝦夷砂蘚)
コバノスナゴケ(小葉の砂蘚)

分類 : ギボウシゲケ科シモフリゴケ属
学名 : Racomitrium japonicum
分布 : 日本全土
 陽当たりのいい砂質の土の上や岩の上、石垣などに生える。
特徴 : 茎は直立又は斜上し、茎に葉が密に付きます。
 植物体全体は明るい緑色又は黄緑色。
 茎の高さは2~3cmで、条件によっては4~5cmに伸びることもあるそうです。
 葉は卵状披針形~卵状楕円形で、葉先は尖り不透明な灰白色をしています。
 工場やビルの屋上の緑化として利用されるそうです。

名前の由来 : 上から見ると一つ一つが星形に見えることから。
 又は葉が星砂のように可愛いから。
 何故、エゾ(蝦夷)の名前が付いているかは分かりませんでした。

メモ=名前を調べる途中で
 タチゴケ(立蘚)やスギゴケ(杉蘚)などいくつかのコケ類を見つけましたが
 葉の先端部が半透明で白っぽく見えることを頼りに、スナゴケと同定しました。
 間違っていたらご指摘、ご指導のほどお願いします。



スポンサーサイト



Posted on 2021/01/27 Wed. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« クサシギ(草鴫)  |  インコアナナス(鸚哥あななす) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △