fc2ブログ

トウガン(冬瓜) 



トウガンm1z

↑  ↓ 雄花(おばな)と拡大した蕊(しべ)

トウガンm2z



トウガンw1z

↑  ↓  雌花(めばな)と拡大した蕊(しべ)

トウガンw2z



トウガンfz
未成熟の果実


トウガン(冬瓜)

分類 : ウリ科トウガン属  1年草
学名 : Benincasa hispida
原産地 : インド、東南アジアなど
 古くに中国より渡来
特徴 : つる性植物で、茎は地を這ったり、そこらあたりのものに絡まりながら成長します。
 葉は大型の掌状で5~7裂し、粗いぎざぎざ(鋸歯)があります。
 夏から秋にかけ葉の腋から花茎を伸ばし径7~10cmの黄色い花を咲かせます。
 雄花と雌花は別々につく雌雄同株(雌雄異花)です。
 雌花には長さ30~50cmほどの扁球形又は長楕円形の果実がつきます。
 果実には最初表面に刺状の毛で覆われていますが
 成熟する頃には毛は落ちて蝋質が分泌され、白い粉を被ったようになります。
 果実は淡泊な味の夏野菜として煮物などに使われます。

名前の由来 : 夏に収穫した果実は冬まで日持ちすることから。
 「冬瓜(とうが)」が転訛して「冬瓜(とうがん)」になったそうです。

メモ=果実の大きさや形、色合いなど様々な品種があり
 完熟した果実は半年ほどは品質を保つそうです。



スポンサーサイト



Posted on 2020/10/18 Sun. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« トラデスカンティア・シラモンタナ  |  キタテハ(黄立翅) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △