fc2ブログ

イチモンジカメムシ(一文字亀虫) 



イチモジハムシ1z



イチモジハムシ2z

↑  2葉はオス  

↓  3葉はメス

イチモジハムシw1z



イチモジハムシw2z



イチモジハムシw3z


イチモンジカメムシ(一文字亀虫 又は 一文字椿象)

分類 : カメムシ(半翅)目カメムシ科
体長 : 10mm内外
分布 : 本州~四国・九州
 平地~丘陵地にかけて生息
特徴 : 体は一様に淡緑色をしていて、細かい黒点刻が入ります。
 オスは前胸背中央部に白い横帯があり、その後方は濃い緑色。
 メスは紅色横帯の後方は茶色っぽくなります。
 幼虫、成虫ともに大豆やアズキなどのマメ科植物に寄生し
 栽培されるダイズやアズキにとっては害虫になるそうです。

名前の由来 : 体を区切るように白く(紅色)盛り上がった一文字模様があることから。




スポンサーサイト



Posted on 2020/10/12 Mon. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ヤブツルアズキ(薮蔓小豆)  |  マルバツユクサ(丸葉露草) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △