fc2ブログ

コシアキトンボ(腰空き蜻蛉) 



コシアキトンボ20-1z



コシアキトンボ20-2z



コシアキトンボ20-3z



コシアキトンボ20-4z



コシアキトンボ20-5z


コシアキトンボ(腰空き蜻蛉)

分類 : トンボ目トンボ科
体長 : 45mm内外  
後翅長 : 40mm内外
分布 : 本州~沖縄 
 平地から低山地の池や沼などで見られる。
特徴 : 成熟したオスは全体が黒色をしていて、腹部の第3、4節のみ白色。
 メスと未成熟のオスは腹部の第3節の中央部と第4節前半分が黄色で他は黒色。
 翅の先端はわずかに黒色、基部には黒色斑があります。

名前の由来 : 全身は黒色をしていて
 腹部の白色や黄色の部分が空いているように見えることから「腰空き」

メモ=オスは池や沼などの水面近くを活発に徘徊しながら縄張りを張っていて
 他のオスやシオカラトンボなどが縄張りに入ってくると、バトルを展開します。



データなどは2013年8月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト



Posted on 2020/07/12 Sun. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ヒメワレモコウ(姫吾亦紅)  |  シマサシガメ(縞刺亀虫) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △