fc2ブログ

2019年晩秋~冬・荒尾干潟の野鳥たち…3(終)



ズグロカモメ19-1z


ズグロカモメ19-2z



ズグロカモメ19-3z



ズグロカモメ19-4z



ズグロカモメ19-5z


2019年晩秋~冬・荒尾干潟の野鳥たち…3(終)
ズグロカモメ(頭黒鴎)

分類 : チドリ目カモメ科  冬鳥
分布 : 主に九州~沖縄
生息地 : 海岸 河口の干潟
体長(全長) : 約32cm   キジバトくらい
特徴 : ユリカモメ(百合鴎)によく似ていますが体長は一回り小さく
 ユリカモメの嘴(くちばし)が赤く長いのに対して、黒色で短い。
 冬羽では頭部から下面が白色で、頭頂に灰黒色線と目の後方に黒斑があり
 上面は淡青色です。
 夏羽では頭頂部全体が黒色になります。
 ユリカモメは水面に対してふわりと降りますが
 ズグロカモメは急降下して獲物(主にカニ類)を捕らえます。

名前の由来 : 夏羽の頭部は頭巾を被ったように黒くなるから。
 (ユリカモメも夏羽は頭部が黒くなります)

メモ=黄海や渤海(ぼっかい)沿岸で繁殖し、関東地方以西に冬鳥として渡ってきます。
 その内でも九州北部にが多いそうです。
 ズグロカモメの総個体数は5,000~9,000羽といわれ
 その内の2,000羽ほどが日本に渡って来るそうです。
 絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定。



データなどは2013年2月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

お返事

とちぎけん登山あれこれさんへ
荒尾干潟は渡り鳥たちの中継地として
ラムサール条約登録地になっています。
海辺だからといってシギやチドリなどの渡り鳥たちの姿が
いつも見られるとは限らないと思います。

自宅付近で見られる野鳥はカラスやセキレイの仲間
今の時季だとメジロ、カイツブリの他コガモくらいでしょうか。



 海辺なら鳥が多いのかな??

 最近鳥を撮り始めましたが、川ではなかなか出合えません。

 栃木県なので海が遠いのですが・・・

 日光の山はそろそろ雪だし???

 鳥と出会うのが課題です。参考にさせてもらいました。
プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード