fc2ブログ

タチバナモドキ(橘擬き)果実 



タチバナモドキ19-1z



タチバナモドキ19-2z



タチバナモドキ19-3z



タチバナモドキ19-4z


タチバナモドキ(橘擬) 果実
ホソバトキワサンザシ(細葉常磐山査子)  
ピラカンサ(学名読み)

分類 : バラ科トキワサンザシ(ピラカンサ)属  常緑低木
学名 : Pyracantha angustifolia
原産地 : 中国
特徴 : 樹高は2~4m。
 よく枝分かれし、枝には固くて鋭い刺がある。
 葉は革質で長さ3~6cmの長楕円形~狭卵形。
 葉裏には灰白色の毛が密生しています。
 初夏(5~6月)に径1cmほどの白色の小花をかたまって咲かせます。
 秋~冬に8mm前後の扁平な球形の果実が橙色に熟れます。
名前の由来 : 橙色に熟れる果実を橘(たちばな=ミカン類)に見立てて。
 ホソバトキワサンザシは、近似種のトキワサンザシより葉が細いことから。
 ピラカンサとは、ギリシア語の炎と刺の意。

メモ=近似種に赤い実を鈴なりに付けるトキワサンザシ(常盤山査子)があります。
 タチバナモドキと同じ仲間のため、どちらもピラカンサと呼ばれますが
 トキワサンザシには固くて鋭い刺はなく、樹高は2~4mになります。
 一方、タチバナモドキは刈り込みにも耐えるので、生垣に利用されることもあるようです。



1データなどは2012年12月投稿記事に加筆修正しました。
 2カテゴリに「いろいろな果実」を設定しました。



スポンサーサイト



Posted on 2019/12/16 Mon. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ハイビスカス・ローゼル 果実  |  イソギク(磯菊) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △