fc2ブログ

カタバミ(酢漿草) 



カタバミ19-1z



カタバミ19-2z



カタバミ19-3z



カタバミ19-4z


カタバミ(酢漿草 又は 傍食)

分類 : カタバミ科カタバミ属  多年草
学名 : Oxalis corniculata
分布 : 日本全土
 空き地、道端、畑、庭などいたるところに生える。
特徴 : 茎はよく枝分かれして下部は地を這い、所々から根を出して広がります。
 上部は立ち上がって高さ10~30cm。
 葉はハート型をした3つの小葉からなり、粗い毛が生えていて、小葉の長さ10mmほど。
 葉の腋から花柄を伸ばし、黄色い8mmほどの花を咲かせます。
 花期は長く、4月頃から10月頃まで咲き続けますが
 当地(九州)の日溜まりでは、冬でも開花しているのが見られます。
 夜になると葉は半分たたみ、花は閉じる睡眠運動をします。
 花後にはロケットのような円錐形をした実ができ
 成熟したものに触れると種子を弾き飛ばします。

名前の由来 : 葉の片方が食べられたように欠けていることから。
 漢字表記の「酸漿草」は 、葉や茎にシュウ酸を含んでいて噛むと酸っぱいことから。

メモ=葉っぱが赤紫色をして、やや小型のものはアカカタバミ(赤傍食)です。
 カタバミが多様な環境に適応できるのに対して
 アカカタバミは日当たりのいい砂利の中や
 石垣などの限られた環境でしか生えないということです。



データなどは2012年11月と2013年10月投稿記事からの加筆修正です。



スポンサーサイト



Posted on 2019/12/11 Wed. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« トビ(鳶)  |  クレロデンドルム・ウォリキー »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △