fc2ブログ

メキシカン・ブッシュセージ 



アメジストセジ19-1z



アメジストセジ19-2z



アメジストセジ19-4z


↓ 2葉はアメジストセージ ’フェアリーピンク’といわれる品種です。(註)
アメジストセジ19-5z



アメジストセジ19-6z


メキシカン・ブッシュセージ
サルビア・レウカンサ(学名読み)
アメジストセージ  
ベルベットセージ

分類 : シソ科サルビア属  半耐寒性多年草(亜低木)
学名 : Salvia leucantha
原産地 : 北米~中・南米
特徴 : 草丈50~150cm
 茎は根元から群がって生え、基部は木質化します。
 葉は長さ5~10cmの長披針形(ササの葉状)で
 葉裏には白い毛が多く生えています。
 花は10~30cmの花柄に穂状に付き
 赤紫色の萼(がく)はビロード状の軟毛に覆われています。
  (触るとふわふわして気持ちいいです)
 その先に唇形の淡紫色、または白色の花を咲かせます。

名前の由来 : 原産地のメキシコにちなみます。
  学名のサルビアとはラテン語の「治療、救う、健康」が語源で
  レウカンサは「白い花」の意。

メモ=「ハーブの花」のカテゴリに入れましたが
 多くのハーブのように薬効はなく、食用にも適さないそうで
 もっぱら観賞用として花壇などに植えられ
 ポプリやドライフラワーにも使われるとか。

(註)アメジストセージ ’フェアリーピンク’ という品種は
 南アフリカの栽培家がアメジストセージの種を播(ま)いたら
 ピンクの花が出てきたそうで、アメリカで特許がとられているそうです。
 学名は Salvia leucantha 'Ferpink' とありました。


データは2017年10月投稿記事からの転載です。
 但し、メモ欄の(註)のみ加筆しました。




スポンサーサイト



Posted on 2019/12/09 Mon. 10:00 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« クレロデンドルム・ウォリキー  |  メンガタスズメ(面形天蛾)終齢幼虫 »

コメント

お返事

とちぎけん登山あれこれ さんへ
上3葉は散歩の途中でよく見かけるので
当地ではそんなに珍しい花ではないですけど
下2葉は公園で初めて見かけた花でした。

こんな拙い画像にコメントを頂き、有り難うございました。

トッコス爺 #- | URL | 2019/12/10 20:51 * edit *

おはようございます

 素敵な紫色の花が目にとまりました。

 見たことがない花ですね。

 楽しく拝見いたしました。

とちぎけん登山あれこれ #- | URL | 2019/12/10 07:08 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △