fc2ブログ

シュウメイギク(秋明菊)


シュウメイキク19-1z



シュウメイキク19-2z



シュウメイキク19-3z



シュウメイキク19-4z

↑ 4葉は10月下旬撮影。


↓ 1葉は11月下旬撮影。

八重咲きの園芸品種とは初めての出合だったので
少し時期遅れになりましたが、投稿することにしました。

シュウメイキク19-wz


シュウメイギク(秋明菊)
キブネギク(貴船菊)

園芸品種

分類 : キンポウゲ科イチリンソウ属  多年草
学名 : Anemone hupehensis var.japonica
分布 : 本州~四国・九州  
 人里近くの日当たりのいい林の縁や石垣などに生えます。
  (古くに中国から渡来して野生化した帰化植物と推測されています)
特徴 : 草丈50~80cm。
 葉は3~5裂する卵形の3つの小葉からなる。
 葉の付け根から長い花柄を立て
 先端に1個ずつ径5~7cmほどの赤紫色の花をつける。
 花弁のように見えるのは萼片で、野生種の赤紫色八重咲きの萼片は30枚ほどあります。
 果実は出来ず、地下を這う枝で殖える。

名前の由来 : その昔、中国に渡航した修行僧が持ち帰ったもので
 この花が日本に無かったことから「黄泉の国の秋に咲く菊」から「秋冥菊」と呼ばれ
 その後「秋明菊」に転訛したものだそうです。
 またの説に、秋にキク(菊)に似た明るい色をした花を咲かせることから。
 別名のキブネギクは、京都の貴船山又はその周辺に多く生えていたことから。

メモ=野生の花は、花弁(萼片が変化したもの)は細く
 赤紫色の八重咲きのものが基本種とされています。
 庭などで栽培される品種の多くは外国産のシュウメイギクとの交雑種といわれ
 萼片が広く、一重咲き、半八重咲き、八重咲きがあり、花色や大きさなどに変化があります。
 あるサイトの記事によると
 花色や大きさなどに変異が多く、野生種、園芸品種共に不明な点が多いと記されていました。



データなどは2018年11月投稿記事からの転載です。



スポンサーサイト



テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード