fc2ブログ

ユウガオ(夕顔) 


ユウガオ6z
雌花(めばな)の蕾です。

ユウガオ4z
昼12時前に撮った雌花(めばな)で、しぼみかけた花弁が古くなっています。


ユウガオ3z

↑  ↓  朝9時前に撮りました。まだ花弁は傷んでいませんでした。

ユウガオ1z


ユウガオ7z
昼12時前に撮った雄花(おばな)です。


ユウガオ(夕顔)

分類 : ウリ科ユウガオ属  つる性1年草
学名 : Lagenaria siceraria var.hispida
原産地 : インド又は北アフリカ
特徴 : 約2000年前に中国から伝来し、栽培されてきたものだそうです。
 生育は旺盛で、茎は二またの蔓で周囲のものに絡まりながら
 10~20mにも生長します。
 全草に白くて柔らかい毛が生えています。
 葉は浅く裂けた心形で長さ、幅共に30cmほど。
 カボチャやスイカなどと同様に同じ株に雌花、雄花が咲く雌雄同株です。
 葉の腋から長い花柄を伸ばし、径6~7cmの白い5弁花が夕方から開花し
 翌日の午前中にはしぼむ1日花です。
 雌花(めばな)の花の下には毛が生えた子房があります。
 果実は円筒形で長さ60~90cmになります。
 ユウガオと瓢箪(ひょうたん)は同一種だそうで
 苦みの少ない品種が食用になり
 若い果実を紐状に削って干したものは干瓢(かんぴょう)として食します。
 また、完熟すると果皮が木質化するので、これを加工し酒などの入れ物にします。

名前の由来 : アサガオ、ヒルガオに対して夕方から開花することから。

メモ=アサガオ(朝顔)、ヒルガオ(昼顔)の他にヨルガオ(夜顔)があり
 この3種はヒルガオ科に分類されていますが、ユウガオはウリ科の植物です。
 また、ヒルガオ科のヨルガオをユウガオと誤称されることがあります。



スポンサーサイト



Posted on 2019/11/11 Mon. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« カナムグラ(鉄葎)  |  オタカンサス »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △