fc2ブログ

オオカナダモ(大加奈陀藻)



コカナダモ1z



コカナダモ2z



コカナダモ3z



コカナダモ4z



コカナダモ5z


オオカナダモ(大加奈陀藻)
アナカリス

分類 : トチカガミ科オオカナダモ属  沈水性常緑多年草
学名 : Egeria densa
原産地 : 南アメリカ 
特徴 : 植物生理の実験用として輸入されたもので
 本州(関東地方以西)~四国・九州の池、湖沼、河川などで見られる帰化植物。
 茎の長さ1m以上で、川底などで群落をつくります。
 葉は線形の長さ20~30mm、幅3~6mmで、節ごとに3~6枚輪生します。
 5~10月に3~4cmの花柄を水面に出し
 径10mmほどの3弁花が1日1花咲き、1日でしぼみます。

名前の由来 : 北アメリカ原産のカナダモ属カナダモというのがあり
 それより大型なことから。
 アナカリス は水槽などで使われるときの流通名で、旧属名。

メモ=南アメリカが原産地なのに
 北アメリカ原産地のカナダモやコカナダモに似ていることから
 カナダモの名前が付いています。
 類似種のコカナダモは、花弁らしきものがなく、水面に浮くそうです。
・もともとは雌雄異株なのに、日本では雄株だけが生育しているそうです。



データなどは2010年6月投稿記事を大幅に加筆修正しました。



スポンサーサイト



テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

お返事

Magdalenaさんへ
この水草を水槽で使われるときの名前は
アナカリスと呼ばれることが多いようですね。
しかし、このオオカナダモの花は可愛い姿をしていますが
池や河川など自然環境下では群落を作り、嫌われものになります。

一見するとバイカモに似ていますが
バイカモは5弁花のようですね。


こんにちは。

私は、熱帯魚を飼っていて水槽の中にアナカリスも入れていますが
こんなに可憐なお花が咲くんですね。

一瞬、梅花藻と見間違えました。v-394
プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード