fc2ブログ

スクミリンゴガイ(竦み林檎貝)


タニシ1z



タニシ2z



タニシ3z



タニシ4z



タニシ5z
池のそばの石に産み付けられていた卵。
半分以上が孵化していました。


スクミリンゴガイ(竦み林檎貝)
ジャンボタニシ(じゃんぼ田螺)


分類 : 腹足類 リンゴガイ科 淡水巻貝
原産地 : 南アメリカ・ラプラタ川流域
概要 : 1980年代前半に食用として台湾から導入されたそうですが
 販路が拓けず、養殖田での商品価値がなくなり
 放置されたり、養殖田から逃げ出したものが関東地方以西で野生化しているもの。
 在来種のタニシ(田螺)に比べると別名のジャンボタニシが示すように殻高や殻径が大きい。
 生育初期の稲やレンコン、イ草などの農作物を食害するので
 日本の侵略的外来種ワースト100に挙がっています。

特徴 : 貝全体はオリーブ色をして、個体により黒褐色の縞があり、頭部には細長い触角があります。
 殻高約7~10cm。殻径約8cm。生育条件により、個体差が生じるそうです。
 鰓(えら)と肺のような器官を持ち、水中では鰓(えら)呼吸をし
 空気中では肺呼吸をするそうです。
 繁殖力は強く、雌は夜間水上に出て周囲の植物や水路、壁などに鮮紅色の卵塊を産みます。
 一つの卵塊は数十から数百個の卵があり、約10日で孵化し、2か月で成熟するそうです。

名前の由来 : スクミリンゴガイの由来は分かりませんでした。

メモ=在来種のタニシにはオオタニシやナガタニシ、ヒメタニシ、マルタニシがいて
 いずれも食用にされますが
 自然環境の変化により、在来種のタニシを見かける機会は少なくなりました。



スポンサーサイト



テーマ : 生き物
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード