fc2ブログ

シュウカイドウ(秋海棠)  



シュウカイドウ19-1z
黄色の球状のオシベが見えるのは雄花(おばな)。
下方にに三角錐のような稜があるのは雌花(めばな)です。


シュウカイドウm19-1z



シュウカイドウm19-2z

↑  2葉は雄花(おばな)

↓  2葉は雌花(めばな)

シュウカイドウy19-1z



シュウカイドウy19-2z


シュウカイドウ(秋海棠)
ヨウラクソウ(瓔珞草)

分類 : シュウカイドウ科シュウカイドウ(ベゴニア)属  多年草
学名 : Begonia grandis spp.
原産地 : 中国~マレーシア半島
特徴 : 江戸時代初期に中国から園芸用として持ち込まれたもの。
 繁殖力が強く、半野生化していることもあります。
 草丈40~60cm。
 葉は左右非対称の扁心形で、長さ15~20cm。縁にはぎざぎざ(鋸歯)があります。
 オス花(雄花=おばな))とメス花(雌花=めばな)が別々に咲く雌雄同株。
 茎の先端から花茎を出し、二股枝を繰り返しながら花を咲かせます。
 最初はおばな(雄花)だけで、後にめばな(雌花)をつけますが
 全ての株でめばな(雌花)が見られるとは限らないようです。
 花が終わる頃から上部の葉の付け根にムカゴ(珠芽)を作り
 このムカゴが散らばり、よく殖えます。
 花期は7~10月。

名前の由来 : 秋にカイドウ(海堂)に似た花を咲かせることから。
 別名のヨウラクソウは、仏像の飾り玉である瓔珞(ようらく)に花が似ることから。




データなどは2014年9月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト



Posted on 2019/10/15 Tue. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« クロヒカゲ(黒日陰)  |  マルバルコウ(丸葉縷紅) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △