fc2ブログ

チューベローズ 



チューベローズ1z



チューベローズ2z



チューベローズ3z



チューベローズ5z


チューベローズ(学名の英語読み)
ゲッカコウ(月下香)

分類 : リュウゼツラン(キジカクシ)科ポリアンセス(ゲッカコウ)属  多年草
学名 : Polianthes tuberosa
原産地 :メキシコ地方あたり
特徴 : 球根から長い茎や葉が伸び、草丈60~100cmほど。
 葉は披針形で、茎を抱く葉が10枚ほどあります。
 下の葉の長さ48cmほど、上部は短く20cmほどで、幅は約2cm。
 茎が成長すると茎の先に径5cmほどの乳白色の花が20~30個穂状に咲きます。
 咲き始めると夕方から芳香が漂い始め、夜になると一層強くなります。
 花色は白、ピンク、黄色があり、一重咲きと八重咲き品種があり
 八重咲きは半開きのまましおれます。香りは一重品種が高いそうです。

名前の由来 : チューベローズとはラテン語で「膨らんでいる」とか「塊根状の」という意。
 和名は、月夜の晩に咲いた花は特に香りが高いということから。

メモ=この花から抽出した精油を香水として使用するため
 ヨーロッパで品種改良が行われ、世界中の温暖な地域で栽培されているとか。
 因みに、香油は1800kgの花から500gしか抽出されないそうです。
 また、古くアステカ人はこの香油をチョコレートの香り付けに使ったそうです。



スポンサーサイト



Posted on 2019/08/23 Fri. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« セイデンファデニア・ミトラタ  |  サギソウ(鷺草) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △