fc2ブログ

ホリカワクシヒゲガガンボ(堀川櫛鬚大蚊) 


クシヒゲガガンボ1z



クシヒゲガガンボ2z



クシヒゲガガンボ4z



クシヒゲガガンボ3z
夜部屋に入ってきたのを牛乳瓶に閉じ込め、翌朝撮ったものです。


ホリカワクシヒゲガガンボ(堀川櫛鬚大蚊)

分類 : ハエ(双翅)目ガガンボ科
体長 : 20mm前後
分布 : 本州~四国・九州
 平地~低山地の雑木林周辺などに見られ、灯火にも飛来。
特徴 : 胸部は黄褐色~赤褐色~黒色をしています。
 腹部は黄橙色と黒色の縞模様です。
 脚は長く、黄橙色で脚節部分が黒色です。
 翅には黒色の斑紋があります。
 オスの触角は長く櫛歯状で、メスの触角は短く数珠状をしています。
 シリアゲムシのように尻をあげてとまっていたので、名前を見つけるに手間取りました。
 幼虫は腐葉土の中で生育するそうです。

名前の由来 : クシヒゲガガンボとは、オスの触角の形状からということは分かりましたが
 ホリカワ(堀川)の由来は分かりませんでした。
 なお、ガガンボとは、蚊の中の乳母の意で「蚊ヶ母(ががんぼ)」が転じたものだそうです。
 また、ガガンボの別名をカトンボ(蚊蜻蛉)ともいいます。

メモ=類似種にベッコウガガンボがいるそうですが、前翅基部の透明部分が狭く
 翅端部の黒斑が小さいそうです。



スポンサーサイト



Posted on 2019/08/09 Fri. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« コガタノゲンゴロウ(小形の源五郎)  |  ハマナス(浜梨) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △