fc2ブログ

カワラナデシコ(河原撫子) 



カワラナデシコ19-1z



カワラナデシコ19-2z



カワラナデシコ19-4z



カワラナデシコ19-3z



カワラナデシコ19-6z


カワラナデシコ(河原撫子)

分類 : ナデシコ科ナデシコ属  多年草
学名 : Dianthus superbus ver. longicalycinus
分布 : 本州~四国・九州 
 山地の日当たりのいい河原、ススキ草原など
特徴 : 草丈30~80cm。
 葉は白緑色をして、長さ3~8cmの線形~披針形。
 直立した茎は上部で枝分かれし
 茎先に径4~5cmの淡紅紫色をした花を咲かせます。
 花色には濃淡があり、全くの白色花もあるそうです。
 5枚の花弁の縁は糸状に深く切れ込みます。
 やさしい色合いで美しいこともあり、よく庭などでも栽培されます。

名前の由来 : 河原に生えるナデシコということから。
 ナデシコ(撫子)とは、可憐な花の様子からついた名前。
  
メモ=「秋の七草」に挙げられている撫子(なでしこ)はこの河原撫子といわれています。
 俳句の季語では「秋」になっていますが、最盛期は夏です。



データなどは2010年8月投稿記事を大幅に加筆修正しました。



スポンサーサイト



Posted on 2019/06/25 Tue. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ゴデチア  |  マイマイガ(舞舞蛾)幼虫 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △