fc2ブログ

オンシジウム・オブリザタム 


オブリザダム1z



オブリザダム2z



オブリザダム3z



オブリザダム4z


オンシジウム・オブリザタム

分類 : ラン科オンシジウム属  常緑多年草
学名 : Oncidium obryzatum
原産地 : 中南米
特徴 : 原種は標高400~1600mの森に生える着生植物。
 扁平な楕円形の偽鱗茎(ぎりんけい)をもち
 その先に楕円形で中折れ状の葉をつけています。
 葉の腋から40~100cmの花茎を伸ばし
 枝分かれした花茎の先に花径2~3cmの花を多数咲かせます。
 花色は鮮黄色で褐色の斑点が入ります。

名前の由来=オンシジウムとはギリシア語で「小さな突起」の意で
 小さな突起のある唇弁の形を表し
 オブリザダムとは「黄金の」の意だそうです。

メモ=この花は、原種より花付きのいい個体を選抜改良した
 「スターダストフェアリーⅡ」という品種ではないかと思います。
・「偽鱗茎」とは、茎の間から生じる貯蔵器官のことで
 「擬球茎(ぎきゅうけい)」、「仮鱗茎(かりんけい)
 又は「バブル」とも呼ばれます。



スポンサーサイト



Posted on 2019/03/12 Tue. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ケイオウザクラ(啓翁桜)  |  スイート・アリッサム »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △