fc2ブログ

ヒイラギナンテン(柊南天) 



ヒイラギナンテン4z



ヒイラギナンテン2z



ヒイラギナンテン3z



ヒイラギナンテン1z


ヒイラギナンテン(柊南天)
トウナンテン(唐南天)

分類 : メギ科メギ属  常緑低木
学名 : Mahonia japonica
原産地 : 台湾 中国 ヒマラヤ
特徴 : まばらに枝分かれし、樹高1~3m。
 葉は奇数羽状複葉で、茎の先に集まって互生します。
 小葉は卵形披針形をした革質で、光沢があり、長さ4~9cm。
 葉の先は針状にとがり、葉の縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)があり
 鋸歯の先は針状にとがり、触ると痛いです。
 茎の先に10~15cmの総状の花序(花穂)が垂れ下がって付き
 黄色の径7mm前後の花を多数咲かせます。
 初夏から秋にかけて、7mmほどの楕円形をした果実が黒紫色に熟れます。
 江戸時代初期頃に渡来したといわれています。

名前の由来 : ヒイラギのように葉にトゲがあり、実のなり方がナンテンに似ていることから。

メモ
=花は6つの萼片と6つの花弁からなり
 太い1本のメシベを囲むように6本のオシベがあります。
 外側のオシベに触れるとメシベの方に動くそうです。
 これは昆虫が花に訪れると、体に花粉を付着させ
 他の花へと運ばせる巧妙な働きだそうです。
 しかし、この動きを確かめるには花が小さいので、老人には虫眼鏡が必要なようです。



スポンサーサイト



Posted on 2019/02/18 Mon. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« デージー  |  ナズナ(薺) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △