fc2ブログ

オンシジウム 



オンシジウム1z



オンシジウム2z



オンシジウム3z



オンシジウム4z


オンシジウム(学名読み)
ムレスズメラン(群雀蘭)

分類 : ラン科オンシジウム属  常緑多年草
学名 : Oncidium sp.
原産地 : 中南米の熱帯から亜熱帯地域
特徴 : 岩の上や他の樹木などに着生し、草丈60~80cm。
 原種だけでも400種以上が分布しているといわれ
 交雑しやすい性質を持つので、園芸品種も多数作出されているそうです。
 茎は枝分かれして伸び、長い花茎の先に大きい唇弁のある花を多数咲かせます。
 花径は3~7cmほどで、花色は黄、紅、茶などがあるようです。
 花の中心部に小さなコブがあり、名前の由来になっています。
 ランは総じて開花後の日持ちがよく、この花も40~50日咲き続けるので
 切り花として重宝されます。

名前の由来 : ギリシア語の「小さなコブ」の意。
 和名のスズメランはスズメが群れているような花の姿から。
 但し、似たような名前で、ムレスズメというマメ科の落葉低木があります。





スポンサーサイト



Posted on 2019/01/11 Fri. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« イヌマキ(犬槙)果実  |  ローズマリー »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △