fc2ブログ

ヒメジョオン(姫女苑) 



ヒメジョオン18-1z



ヒメジョオン18-3z



ヒメジョオン18-4z



ヒメジョオン18-5z


ヒメジョオン(姫女苑)

分類 : キク科ムカシヨモギ属  1年~2年草
学名 : Erigeron annuus
原産地 : 北アメリカ
 江戸時代末期観賞用として導入されたものが
 ほぼ全国の市街地~農村~亜高地で野草化。
特徴 : 荒れ地、空き地、道端、草原などいたる所に生えます。
 茎は直立し、草丈30~150cm。
 葉は卵形~披針形で基部は茎を抱いていません。
 茎には粗い毛が生えていて、上部で枝分かれし
 ややかたまって白又は薄紫色の径2cmほどの花(頭花)をつける。
 蕾はややうつむき加減のものもありますが、大部分は上を向いています。
 春に咲くハルジオン(春紫苑)に似ていますが
 ハルジオンが咲き終わった頃から咲き始め、晩秋~初冬まで咲き続けます。
 また、ハルジオンより花の大きさは一回り小さく、舌状花の花弁はやや広めです。

名前の由来 : ヒメ(姫)とは小さいの意で、ジョオン(女苑)とは中国産の野草の名前。
 ハルジオンに対してヒメジオンとしなかったのは
 既に日本産のヒメシオン(姫紫苑)という多年草があったからだそうです。

メモ=外来生物法ではハルジオンと共に「要注意外来生物」に指定。
 また、「日本の侵略的外来種ワースト100」にも挙がっています。
 
ハルジオンは今年5月に投稿しました。
 時間があれば見比べてください。

 




ヒメジョオンの葉は茎を抱いていません。
ヒメジョオンrz




スポンサーサイト



Posted on 2018/11/30 Fri. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« エビヅル(海老蔓)果実  |  オレガノ・ケントビューティ »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △