fc2ブログ

コチドリ(小千鳥)幼鳥又は冬羽 



コチドリ18y-4z



コチドリ18y-2z



コチドリ18y-3z



コチドリ18y-1z


コチドリ(小千鳥)幼鳥又は冬羽


分類 : チドリ目チドリ科  九州以北で夏鳥又は旅鳥
分布 : 日本全土
生息地 : 水田 河原 湖沼など
体長(全長) : 約16cm   スズメとヒバリの中間ほど
特徴 : 夏羽の頭頂部と体上面は褐色をして
 顔と首周りに黒色帯があり、黄色いアイリングがはっきりしています。
 幼鳥又は冬羽の胸の帯や過眼線は茶色っぽく
 顔と首周りの黒色帯はありません。
 アイリングはあるが、夏羽のようなはっきりした黄色ではなく薄い色。
 昆虫やミミズを食べ、小走りと静止を繰り返し
 真っ直ぐに進まないことから「千鳥足」はこの歩き方が語源になっているとか…?

名前の由来 : 日本のチドリ類では最小なことから。
  この仲間のシロチドリの大きさは約17cm、メダイチドリは約19cm。
  シギの仲間のトウネンは約15cmです。

メモ=図鑑によると幼鳥と冬羽は似ているけど
 幼鳥にはサブターミナルバンドがあると書かれていますが
 私にはその区別がつかないので、幼鳥又は冬羽として投稿しました。



データは2017年5月投稿記事に加筆修正しました。
 夏羽のコチドリは太字のコチドリをクリックすると
 別窓で夏羽のコチドリが開きます。



スポンサーサイト



Posted on 2018/10/26 Fri. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ハクセキレイ(白鶺鴒)若鳥  |  トウネン(当年) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △