fc2ブログ

マユハケオモト(眉刷毛万年青) 



マユハケオモト18-1z



マユハケオモト18-2z



マユハケオモト18-3z



マユハケオモト18-4z


マユハケオモト(眉刷毛万年青)
ハエマンツス
(学名読み)

分類 : ヒガンバナ科ハエマンツス属  常緑多年草
学名 : Haemanthus albiflos
原産地 : 南アフリカ
特徴 : 葉は多肉質の長楕円形をしていて、長さは15~20cm。
  秋になると葉の間から太い花茎が10~20cm伸び
  その先に苞の間から長いオシベが突き出た小さな花を多数咲かせ
  直径3~5cmになります。
  小さな花の花弁は6枚の白色で長さ約10mm、幅2mmほどですが
  オシベの姿に圧(お)され、花弁があることに気付くことはほとんどありません。
  花後には赤く熟れた果実ができます。

名前の由来 : 眉刷毛とは、白粉(おしろい)を塗った後で
  眉などに付いた白粉を払うための化粧道具の一つです。
  花がその眉刷毛に、葉がオモト(万年青)に似ていることから付いた名前。
  学名のハエマンツスとはギリシア語の「血」又は「赤」と「花」の合成語。



※ データなどは2014年10月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト



Posted on 2018/10/19 Fri. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ショウジョウソウ(猩々草)  |  コスモス 2/2 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △