fc2ブログ

ハクチョウソウ(白蝶草)


ガウラ18-1z



ガウラ18-2z



ガウラ18-4z



ガウラ18-5z


ハクチョウソウ(白蝶草 又は 白鳥草)
ガウラ(学名読み)  
ヤマモモソウ(山桃草)

分類 : アカバナ科ヤマモモソウ(マツヨイグサ)属  多年草
学名 : Gaura lindheimeri (Oenothera lindheimeri)
原産地 : 北アメリカ中南部
特徴 : 耐暑性、耐寒性が強く、放任でもよく育つ強い草花です。
  細長い花茎が50~100cm伸び
  花径2~3cmほどのやや紅色を帯びた白い4弁花が
  初夏から少しずつ絶え間なく秋まで咲き上がっていきます。
  オシベは長く、メシベの頭柱の先は4つに分かれています。
  花色は白、赤、ピンクがあり、草丈の低い矮性種もあるようです。

名前の由来 : 白い花弁と長いオシベをチョウ(蝶)の姿に見立てたという説と
  風に揺れる白い花をハクチョウ(白鳥)の飛ぶ姿に例えたという説もあります。
  ガウラは学名読みで、ギリシャ語で「立派な」とか「崇高」「華美な」の意だそうです。
  また、ヤマモモソウ(山桃草)は山に咲く桃の花色に似るからだそうですが
  赤い実が生り食用にするヤマモモとは関係なさそうです。

メモ=標準和名はヤマモモソウということですが
  流通名のハクチョウソウ又はガウラの名前がよく知られていて
  ヤマモモソウの名前はほとんど使われることがないようです。



※データなどは2012年8月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト



テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード