fc2ブログ

シロテンハナムグリ(白点花潜) 



シロテンハナムグリ1z



シロテンハナムグリ2z



シロテンハナムグリ3z


シロテンハナムグリ(白点花潜)

分類 : 甲虫(鞘翅)目コガネムシ科
体長 : 20~27mm
分布 : 日本全土
  雑木林の周辺や都会の公園などで見られる。
特徴 : 日中活発に活動し、林の周辺を跳び回りながら
  樹液や果実、花の蜜などを食べるそうです。
  全体は暗緑色又は銅色で光沢があり
  胸部と上翅に白斑紋が散在しています。
  (翅色と白斑紋には個体差あり)
  頭部は長方形で、上部(先端)は少し凹んでいます。
  上翅の左右が合わさる中央部は少し出っ張っています。
  幼虫はイモムシ状で、朽木や腐葉土の他、雑草の堆積物を食べるそうです。

名前の由来 : 上翅に白い斑紋があるハナムグリということから。

メモ=類似種にシラホシハナムグリ(白星花潜)がいるそうで
  両者の相違点は、シロテン…の頭部先端は少し凹むのに対し
  シラホシ…の頭部先端は真っ直ぐということです。
 ●初めて目の前に現れたコガネムシの一種で
  類似種がいることなど知る由もなく
  眼の前に現れ、忙しなく動き回るのを取り急ぎ写したので
  小さな頭部が分かるようにまでは撮ることはできませんでした。
  シロテンハナムグリとして投稿しますが
  間違っていたらご指摘、ご指導のほどよろしくお願いいたします。




スポンサーサイト



Posted on 2018/09/11 Tue. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« メカルドニア  |  ナツズイセン(夏水仙) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △