FC2ブログ

ポーチュラカ(ハナスベリヒユ) 



ポーチュラカ18-2z



ポーチュラカ18-4z



ポーチュラカ18-3z



ポーチュラカ18-1z


ポーチュラカ (学名読み)
ハナスベリヒユ(花滑莧) 
ヘラマツバボタン(箆松葉牡丹)

類 : スベリヒユ科スベリヒユ(ポーチュラカ)属 1年草扱い(非耐寒性多年草)
学名 : Portulaca oleracea cv.
原産地 : メキシコとも南米とも?
特徴 : 野草のスベリヒユ(滑莧)を園芸用に改良した品種だそうで
  暑さや乾燥に強く、炎天下でも次々に花を咲かせてくれます。
  草丈10~20cmで、横に這って広がります。
  日が当たっている時に花が開き、夕方にはしぼむ1日花です。
  基本的には種子ができず、出来てもごく僅かのようです。
  その代わり、挿し芽で簡単に殖やすことができます。
  この仲間に、葉が松葉のように細いマツバボタン(松葉牡丹)があり
  ポーチュラカの葉は丸味を帯びたへら形です。
  暖かい地方での花期は5月~11月頃までと長いです。
名前の由来 : ポーチュラカとは学名読みで
  ギリシア語の「小さな入り口」に因んでおり、種が熟すと上蓋が取れて開くことから。
  ハナスベリヒユは、野草のスベリヒユより美しいことから。

メモ=ポーチュラカの日本への導入は昭和50年代といわれ
  1990年の大阪花博覧会で広く普及するようになった花だそうです。
  一方、マツバボタンは江戸時代に渡来したということです。



データなどは2010年9月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2018/09/08 Sat. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ナツズイセン(夏水仙)  |  チャバネセセリ(茶翅挵) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2018-11