fc2ブログ

2018年夏・荒尾干潟周辺の野鳥など…3



ムツゴロ18-3z



ムツゴロ18-5z



ムツゴロ18-4z



ムツゴロ18-9z



ムツゴロ18-11z


2017年初夏・荒尾干潟周辺の野鳥など…3
ムツゴロウ(睦五郎)

分類 : スズキ目ハゼ科
体長 : 約15cm前後
分布 : 九州の有明海と八代海の干潟に棲む
特徴 : 体色は灰褐色をしていて
  体側と背びれ、尾びれに鮮やかなコバルトブルーの斑紋があります。
  満潮時は巣穴に入っていますが、潮が引くと巣穴から出て盛んに活動します。
  干潟で活動できるのは鰓(えら)と皮膚両方で呼吸できるからだそうで
  皮膚が乾くと体を転がして濡らす行動をします。
  胸びれが発達していて、これを肢(あし)のように使って前進します。
  環境省レッドリストには、絶滅の危惧が高まっている
  「絶滅危惧ⅠB類(EN)」に指定されています。

名前の由来 : 脂っこいとか、しつこいという意味の「むつっこい」と
  ハゼ(沙魚)を意味する「ごろ、又はごり」が合わさって
  ムツゴロウとなったという説があります。

メモ=自分の巣穴周辺で、干潟の表面に付いている珪藻類を
  下顎(あご)の歯で削り取るようにして食べています。
  初夏になると活動が活発になり
  縄張りに入ってくるオスに背びれを立てて威嚇したり
  産卵期(5~7月)には背びれを立てて飛び跳ねる求愛行動が見られます。



データなどは2014年6月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト



テーマ : 生き物
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード